2018年07月28日

おすすめ展覧会◆明日までです・合掌

An art exibition is going on at Nagoya museum ...
光陵展が名古屋市博物館で開催されています。
出品作家の犬塚由幸さんよりご案内頂き、
先日伺いました。
ご本人より許可を得て、お作品をご紹介させて頂きます。🙏...
会期は明日まで、是非足をお運びくださいませ。🍀

犬塚さんグルジ.jpg
グルジと共にモデルをさせて頂いた際、もう2年程経ちますでしょうか。
感動は時を越えますね🙏
大作です、素晴らしいエネルギーで、かたちにして頂き 本当に!有難うございます。


犬塚さんオレンジ.jpg

光陵展.jpg
posted by Susant at 19:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

更に・お作品・加筆も◆第19回 愛と慈しみのスサント(インド服着用)を描く!

先日19日に開催させて頂いた、美術モデルシリーズのご報告です。
もう19回を迎えたとは、驚きです。
毎回、異なる衣装を着させて頂いております。

june2018.jpg
6/28新お作品アップ致しました。
To be in.
想い遣ることで、気付かせて頂く。
グルジから頂いた思い出のショールの柄を、ていねいに描写してくださいました。
いつもの、^^栗原さんの新作水彩画です。ありがとうございます。

june2018b.jpg
7/28更に加筆して頂いたとのことで、
お送り頂きました。
ありがとうございます✨合掌

何を主題とするのか、
つまり、人生において。

それは、その方の意識そのもの
だと、わたくしは 思います。

誤りも正解も、誰かの都合を、
愛と慈悲によって越えれば
どちらでもよいことです。◎



P6190250.JPG
1分クロッキー

P6190244.JPG

舞踊的ムービング

いつもお越しくださる、杉浦さんのお作品です。
許可を得てアップさせて頂きました、ありがとうございます。

短時間の方が、おもしろい作品が生まれているような気がいたしますね〜。


P6190261.JPG
午後開催のデッサンは、このようなポーズで行いました。

去年の来日の際、グルジに頂いたサンバルプーリー織のクルタは
橙×赤のキュートな組み合わせがお気に入りです。

肩にかけているショールは、オリッサのシルクです。
味わい深い光沢があります。
柄はプリントではなく、トライバルの人々のデザインは手描きされています。
2015年来日の際に、これもグルジから頂いたもの。

手に持っているのは黄色い蘭系のお花です。
(名前を参加してくださった方が教えてくれたのですが、忘却…すみません。。)

来月も楽しみです。
いつも、ありがとうございます♪

posted by Susant at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月24日

【お作品】7月美術モデル

いつも、ありがとうございます。

先日の美術モデル会では、
抹茶色のクルティに黒のパティアラパンツでした♪
どちらも、サンバルプーリー織です。
が、残念ながら、あまりいい写真が手元にありませんので、
また手に入れば、アップ致します〜

ツイッターより、犬塚さんのデッサンです
犬塚さん2018July.jpg
美人に描いて頂いて、いつもありがとうございます。
首飾りまで、ていねいに表現して頂いています。合掌


moving.jpg
こちらは先月のムービングより
お花舞〜です🌸
お写真は、栗原さんより 合掌

本日も満ち充ちて、ありがとうございます。✨love

posted by Susant at 09:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月21日

【ご報告】ラタヤットラ川崎2018

先週になりますが、出演させて頂きました。
オディッサ州のフォークダンス、サンバルプーリーを踊らせて頂きました。
日本で、1人で踊らせて頂くのは初めてでした。

日本人である私がフォークを踊っていいものか?
という葛藤が、以前はありました。
しかし、それはある程度、オディッシーダンスでも同じはずです。
踊りの背景や、歌詞の意味、正しいテクニック等の
文化全体を学び、
出来得る限りの尊愛を持って踊らせて頂けば、
フォークダンスであっても、
この踊りを愛する人やオリッサの人たちの想いに逆行することにはならない、
と思っています。

大前提として、私個人、
オリッサのこの可愛らしくてエネルギッシュなフォークダンスが
とっても好きです。

オディッシーとはまた違い、
癖のある ひねり や かがみ
あと、とにかくジャンプ
笑顔!スタミナ!
といったことが、踊りの特徴かな?
純粋性と神様への祈り、愛、献身が根底にあるのはオディッシーと変わりません。

今回踊らせて頂いて、課題もたくさん頂きましたが💦
また機会があれば、チャレンジさせて頂きたいなと思っています。

OCJの皆様、貴重な機会をくださって有難う御座いました。
暑い中お越し頂いた皆様も、本当に有難う御座いました。!

kawasaki.jpg

kawasaki2.jpg

kawasaki4.jpg
オディッシーダンサーの伊藤祥子さんとのツーショットです。
インド人の方が撮ってくださいました。
キラキラです!

kawasaki3.jpg
Jay Jagannath


posted by Susant at 19:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月20日

【ご報告】第1回 インド舞踊トリダーラ発表会 Sradhanjali Samaroh〜グル・デバプラサッドダスの命日に捧げて〜

皆さんのたゆまぬ努力・ご理解ご協力のお陰で、
なんとか無事に終了致しました。

私を含め、まだまだな踊りではありますが
今回は「自分の為に踊る」ことを目的に
グルデバプラサッドダスの命日の機会に重ねて
一生懸命準備しました。

観客が1000人だろうと1人だろうと、
人前で踊らせて頂く経験には変わりがありません。
人様にお見せする経験は、クラスで練習するのとはまた違った経験です。
ご家族やご友人の支えがあり、仲間があり、師があり、けががあり、悩みがあり、
全てのお陰で踊りができることに感謝させて頂きます。
それぞれが、いい経験を積ませて頂いたと思っております。
ありがとうございました。

プシュパンジャリ
グルジに全員でお花を捧げ、感謝の祈りを捧げました。
P1060949.JPG

P1060989.JPG

ラクシャシンドゥーラ
P1070007.JPG

P1070036.JPG

P1070019.JPG

P1070034.JPG


ムドラーのデモンストレーション
P1070143.JPG

P1070149.JPG



タケダ
P1070121.JPG

P1070103.JPG

P1070092.JPG

ラゲシュリースタイ
P1070180.JPG

P1070184.JPG

ダーマル(北インド古典舞踊カタック)
ゲストダンサーMashaさん
P1070200.JPG

P1070202.JPG

マヌダラナ
P1070232.JPG

P1070260.JPG


P1070374.JPG

喜びや達成感と共に、課題、反省も真摯に受け止め、
今後の学びとしたいと思います。

未熟な私を赦し支えてくださる
トリダーラのメンバーには、
心から感謝、尊愛致しております。
年齢も環境も全くバラバラな皆様と
舞踊を通してご一緒させて頂くことで
皆様の成長を見据えるために
皆様を深く見つめさせて頂き
わたくし自身のこととして理解し
未経験を経験していく
大変に高度な(;^_^A
鍛錬をいつも、積ませて頂いております。

これからも、
例えば今後、踊りを去られることがあっても。
ずっと魂深くで、繋がっております♪
love
posted by Susant at 00:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月14日

出演します◆Ratha yatra 2018 in Kawasaki

明日は、ラタヤットラ川崎で踊らせて頂きます〜。

今年はサンバルプーリーという、オリッサのフォークダンスで出演です。
日本で一人でフォークを踊るのって、初めてです。

これもジャガンナートのご加護ですね✨
rathayatra2018.jpg

folk.jpg

14時過の出演予定です。

お近くの方、ぜひ遊びにいらしてください♪


posted by Susant at 16:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月13日

ご報告◆6/21国際ヨガの日 2018 in YOGA SPA(新潟)

ヨガジャーナルオンラインで、
先日のイベントが記事になりました。
なんと私の写真も使って頂いて、うれしいです〜。


---
先月6/21は、国連の定める「国際ヨガの日」でした。
新潟のヨガライフ総合施設ヨガスパでイベントが開催され、
朝の瞑想クラスから晩御飯まで、そして舞踊も披露させて頂きました〜
きれいな写真を頂きました♪
ありがとうございます。

スペシャルな夏至を悟一緒させて頂き
有難う御座いました。
All because of COMPASSION...
Never give up to be achieved.

1.jpg
インドから来日していたスワミジと、
今や有名講師のクリシュナグルジと
ご一緒に撮って頂きました。
衣装の色もあってか、馴染んでいて嬉しいです。

スワミジは出家していらっしゃる身です、
出家とはどういう意味でしょうか?
もちろん、姿恰好や生活スタイルだけのことではありませんよね。

ある意味で、ひとつの方向性に「のみ」向かっている
ことかな、と感じました。
それ以外を放棄したところから、
超世俗メインに生活している私達の立場に向けて
「悟りについて」お話ししてくださるのは
大変高度なことです。
想定外のハプニングかもしれません笑
逆に立場というものもでてくるのではと思いますし、
許せる(される)ギリギリのラインから
まだ、そのひとつの方向に必ずしも向かっていない人々に向けて
しっかりとお話ししてくださったことは、
内容だけでなく、その姿勢そのものについても、学ぶところがたくさんありました。
どんな側面から見ても貴重な機会だったかと思います。
三次元に限界は簡単に訪れますが、真理に想定外、例外はないことを
今の自分にできる範囲で、ひとつにすることを諦めない
その動機は、全体を守るための愛・慈悲しかない
ということは、淡々と成すべきをこなされるお姿から、明らかでした。

素晴らしい学びがありました。
有難う御座います。

all.jpg
平日にも関わらず、こんなにたくさんのヨギー(ニ)が
朝からご参加されていました。
皆さん勉強熱心ですごいです〜

yogaday2.jpg

yogaday1.jpg

シヴァスタックとマヌダラナを踊らせて頂きました。
シヴァスタックの踊りのシュローカが、
この日のキールタンでチャントしたマントラと全く一緒だったシンクロニシティがありました。♪

3.jpg
ヨガスパ主宰のマイ先生
久しぶりにお会いしました♪笑顔が輝いて素敵です。

2.jpg
1010

posted by Susant at 09:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月11日

ご報告♪イポー(マレーシア)公演

約一カ月、経ってしまいましたが、、

マレーシアに忘れてしまい、
オリッサに持ち帰られていた私のスマホが、
郵送されてようやく手元に戻ってきました。
写真も何枚かスマホから入手しましたので、記事にしたいと思います。

マレーシアは、一昨年ぶり?の4回目かな?うろ覚えですが、

皆はオリッサで一カ月練習してから来ているので、
あとは練習の成果を出し切るのみ!
といったところ。
マレーシアではリラックスモードです。

しかし私は日本で一人で練習し、
しかもシンガポール公演であるはずだった、(カットされた)
シヴァスタックの練習に半分以上のエネルギーを割いていましたし、
グループ練習に一度も参加していない状態で現地合流していますから
ほんっと〜〜〜〜に一人だけヤバい〜
必死でした。。

まずはイポーでの公演がありました。
全て現地のオーガナイザーが手配しているということで、
当日も一体何時にどこでプログラムがあるのか、
オリッサ一行は誰も知らない笑 という、不安な状況 笑
オーガナイザーとグルジも初めて意見を交わすようで??おーい大丈夫?

あ、このブログを読んでいらっしゃる方で
オリッサの人を招聘したいという方がいらっしゃいましたら
これだけは絶対に抑えなければならないポイントがあります。
それは食事です。!朝昼夜、お茶とスナック。
豪華でなくていいのです。高級である必要はないのです。
十分な量の、心のこもったインド料理が、何よりも
オリッサの人々にあなたの心を伝えます。
お気を付けください!

これがうまくいっていない笑
という、状況がイポーでありました〜。
怒り出すナニーとグルジ。

あれ?今日は公演なくなるのかな?と思うくらいでした。

開演3時間前に、ようやく会場入り、、
会場はラーダクリシュナ寺院に敷地内に併設された小さなホールでした。
ここで、初リハーサルです。

会場を見て、一気にムードの変わるグルジ。
あ、そういうこと〜

予想より小さなホールだったため、グルジはこういう場合踊りません。

パッラヴィのグループ振付も、ここで役割を決めます。
ぶっつけ本番状態です。

しかも、全く聞かされていなかった
私が最後に踊ったのは4年前という、
もはや完全に忘れているアイテムがセットリストにあることを
ステージで初めて知り。笑
そんな私を見て
笑うグルジ。笑うダンサーの皆。

1人、笑えない。。

全く覚えていないから無理!と必死で訴え
しょうがないな〜笑 と、なんとかパートを他の子に踊ってもらえました。
今回は代わりに踊るけど、クアラルンプール公演では絶対踊ってよね!と。

しかも何だか舞台の後ろに超大きな穴が空いているので、
穴に落ちない為の集中力も必要です。こわい〜

あと、照明をつけると舞台はかなり暑くなるのですが、
この会場には冷房器具がありませんでした。
扇風機が何台かあったかな?

すべてがぶっつけの状態で公演が始まりました。

マレーシアにおいて、更に苦しい暑さが加わり
殺人的なスタミナの消耗です。

私はガネーシャの踊りの最初と、パッラヴィとフォークダンスだけだったのですが

暑すぎて
喘息持ちの若い子の発作も始まり、、

これ以上踊ったら死ぬ〜と
皆が不満を言い始めます。
オリッサの真夏からやって来ている人達が言うのですから、
相当だったと思います。

日本だったら演目チェンジなんて考えられないと思いますが、
急遽、演目がカットされ

まあ、なんとか無事終了することができました。

我ながら、頑張ったと思います。
今思えば、これがクアラルンプール公演のよい慣らしになりました。

しかしKLでは、更なる試練が待ち受けていました。笑

1.jpg

5.jpg

3.jpg




posted by Susant at 22:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月06日

0706

HOPE...止めることなどできない本当の希望によって
変革する。0.@. 素晴らしいです。
ある者にとっては、望みが絶えるのは、欲への依存を絶つとき.HOPELESS

P6220270.JPG


posted by Susant at 19:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする