2020年06月10日

恐怖のゴア公演(思い出・2012年・インド舞踊修行中)

goa.jpg

トリダーラ舞踊団で一番最初に貰った役は、
演目の一番最後にジャガンナートポーズのダンサー達にお花を撒く
それだけ 笑 のお役目でしたー。
(写真一番左です、ちょうどそのシーン)


グルジの息子と対で左右の幕から出る段取りだと理解していなくて、

(この時期は、とにかく全てにおいて、何も理解しないまま、ただ、余裕なく、やっているだけでした 笑)


緊張でとにかく震えながら待機していたら、ナニー(グルジの奥さん)が「セッポレジャオ!!激怒」

と反対側を指さして私を追いやろうとしてきたのを覚えています。

その言葉の意味も分からずパニックで、

とにかく、演目のストーリーも全く分からず、

ただ、怒られながら、急いで花を撒きました。

セッポレジャオは反対の袖に行って!という意味だったと、

数年後に分かりました。 笑


posted by Susant at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする