2014年06月07日

ジャガンナート様・6

ヴィデャパティは、だいたいある時間になると何かがラリタの父をわくわくさせていることに気づきました。

彼はまたどこかに行こうとしている!

ラリタ、君の父は毎日夜明けに出かけていき、夕暮れにしか帰ってこない。

彼はどこに行っているんだ?

ラリタ「シー!大きな声で話さないで!これはぴったりと守られた秘密なの。」

ヴィデャパティ「君の夫にも秘密にしなければならないのかい?」

ラリタ「いえ...何故貴方に秘密にしなければならないの?」

実は私の父はジャングルの奥深くを抜けて丘の上の洞窟に行っているの。」

ヴィデャパティ「丘の上の洞窟と言ったかい?」

ラリタ「はい、ニーランチャラ丘の上のニーラマダヴァ洞窟のことです」

ヴィデャパティは、ニーランチャラ!ニーラマダヴァのことだ!と気づきました。


posted by Susant at 20:00| Comment(0) | オディッシー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: