2014年11月18日

ゴティプア

今日見られるのオディッシーダンスのルーツに、ゴティプアがあります。
Goti Pua(オリヤー語)で、Goti=1、little,Pua=boyという意味です。
すごく簡単に説明します。

女装して着飾った10-12歳くらいの少年たちが
サキ・バーヴァ(サキ(牧女)達がクリシュナ神を愛するように、自身を捧げること)
によってオリヤー語の歌で踊ります。
ゴティプアの起源は諸説あります、記録、認知ということでは、17世紀広く知られるようになりました。
また、寺院の内奥で踊ることは許されていませんでした。(一部の特別な祭は例外)
ゴティプアの踊りは、たくさんのアクロバティックな動きでできていて、
アビナヤ・チャンドリカ(経典)によると、これをバンダ・ヌリッティヤといいます。

pasapari3.png
オリッサは、ヴィシュヌ信仰の強い地域です。
ヴィシュヌ信仰から、多くの素晴らしい文化が生まれています、ゴティプアも代表的なひとつです。
ゴティプアが少年たちだということは、知らなければ分からないかもしれません。
特に幼い子供たちは、本当に目がくりっとして、あんなに小さいのにすごくうまい子がいたりして、本当に可愛いです、神様のよう?です。。ハートたち(複数ハート)
IMG_3427.JPG
探したけどこんな写真しかありませんでした。笑
公演後ご飯を食べる彼ら。

現在見られるゴティプアは、
主にサーカスのようなことをしているグループが多いです。
ものすごい柔軟性とバランス感覚、、まねできませんーー
見ていて変化が大きくて楽しいですよね。でも、
本来はもっと礼拝色の強い踊りだったのではと思います。
アクロバティックなポーズが生み出す神々のポーズは、本当に土着的で魅力的です。揺れるハート

ちなみに現在のオディッシーグルたちは、ゴティプア出身者がかなり多くいます。
有名なグル・ケルチャラン・モハパトラさんも、グル・ガンガーダー・プラダーンさんも、ゴティプア出身です。

私のグルジも幼年時代、ゴティプアと似たサキ・ナータという踊りをしていたそうです。

私が見る限り、ゴティプアたちも現代オディッシーから影響を受けてきている部分があるし、
伝統的、古典的なピュアリーなゴティプアというのは見ることが難しくなる日も近いかも?
それはオディッシーもそうですが。。

↓いいゴティプアの動画を探すのが結構大変でした。これはいいと思います。

↓美しいゴティプアたち、いい写真ばっかりです。オリッサにいるような気分になれます


posted by Susant at 23:07| 東インド古典舞踊オディッシー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする