2018年03月23日

インドより帰国しております。♪コルカタ編@

この度も、無事にオリッサから帰っております。
ご報告が遅くなりました〜、
不在中はご心配、ご迷惑をおかけしましたが
お陰様で、割と元気にしております。


今回は珍しく、コルカタの方をぶらぶらと1週間ほど。

心身の余裕もあり、写真も割と撮りましたので紹介して参りますね♪

P2101287.JPG
コルカタのごく普通の公園で。

柵から一歩出れば
市街の大きな道路を車が朝から行きかうのですが。
ここは平和でしたね。

ここで写真を撮っていたら、
ジョギング中のおじさん(インド人)から
隣の木の方が葉がたくさんあるから
そっちで撮ったほうがいいぞ!とアドバイスを頂きました!笑

P2101294.JPG
ベンガルと言えば、魚!ということで、
新鮮そうな川魚(ですよね)が路上に置いてあったので、
写真を撮りました。

P2101316.JPG
普段絶対に食べない掘っ立て小屋食堂にも挑戦してしまいました。
泣けるかな、
この料理全てのメニューが「ジャガイモ」のみです。

アルボルタ(マッシュポテト)
アルフライ(ジャガイモを千切り?して揚げています。暗いですが、プレート右側の)
タルカリ(カレー。具はジャガイモのみ・・)
ダル(ほぼ水です、泣ける)
バット(ご飯は、独特なえぐみ?のある、村でよく食べられるお米=ウスナ・チャウロ)

スパイスや塩味が薄く、ダルもほとんど水のよう。
日本人的には、食べやすい笑

こちらのプレート、20ルピー(40円弱)
ジャガイモ以外の野菜はほぼ0。くずのような玉ねぎなど。
完全に貧しい食事です。。炭水化物ばかりです
ザ・肉体労働。お腹さえふくれれば。というメニュー
村からお米とジャガイモを持って来ているのかな。

しかも、会計の際に店主?のおじさんが、荒々しくぼったくろうとしてきて、
心の貧しさ・金銭的貧しさ・学のなさ
が比例していて。

都会の貧困は悲しいです。
posted by Susant at 21:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする