2018年10月17日

【グルジ来日2018ご報告@】9月28日 ミソノピア公演

9月28日 ミソノピア公演
28th September,2018
Programme at Misonopia,Seto

seto ganga3.JPG

シヴァタンダバより

seto kathak4.JPG

アンチャルのカタックダンス

seto ardha3.JPG

グルジとドゥエットさせて頂いたアルダナリシュワラ


昨年に続き、瀬戸市の老人ホーム、ミソノピアで舞踊を披露する機会を頂きました。入居者の皆様を始め、見学会ということで外部からの方もお見えになり、たくさんの観客の皆様に、あたたかく見守って頂きました。まずオディッシーでシヴァ・タンダバ、ソロのアビナヤでケレ・チャンダを三浦知里が披露。それから、アンチャルのカタックダンスでクリシュナ・バンダナとピュアダンスを挟み、古典舞踊の最後はグルジと三浦知里のドゥエットでアルダナリシュワラを踊らせて頂きました。アンコールを頂き、予定にはありませんでしたが急遽サンバルプーリー・フォークダンスのモハニ・ラギチェをアンチャルと三浦知里が披露すると会場は最高潮に盛り上がり、手拍子と笑顔に包まれました。最後にグルジから感謝の辞があり、施設長の廣井さんに感謝状と、インド流の敬意を表してショールをプレゼントさせて頂くと、大きな拍手がありました。公演後は皆さんを出口でお見送りしました、人生の大先輩である入居者の...皆様お一人ずつから、感謝・激励の言葉を頂き、とても感激しました。来年も、是非来て欲しい!とのお声も有り難く頂戴しました。施設長の廣井さん、副施設長の國立さんを始め、スタッフの皆様、美味しい料理をご用意してくださった料理長、本当にお世話になりました。心に残る機会を、有難う御座いました。

Following last year, we got an opportunity to perform dance at Seto City 's nursing home, Misonopia. First of all, Odissi, Shiva Tandava,and Odia Abhinaya Kele Chhanda by Chisato Miura.Then next item had performed by Anchal Pandey,Kathak dance,she had presented Krishna bandana and pure dance.Then at the end of the classical dance, Ardhanarishwar,duet dance by Guruji and Chisato,Although it was not on schedule,but when Anchal and Chisato show off Mohani Lagichhe in Sambarpuri Folk Dance,the venue was excited at the climax, wrapped in clapping and smiling face.
Finally,we honored thankfully to Mr. Hiroi of the facility director, thankful letter and a shawl representing the respect of the Indian style. Mr. Hiroi of the facility director, Ms. Kunitachi of the secondary facility manager,all the staffs, the chef who prepared delicious dishes, we really appreciate it. Thank you for the opportunity to remain in the mind.

posted by Susant at 09:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする