2020年05月19日

浜松のテイクアウト専門・スパイスカレー「アンミッカル」さん

hamamatsu1.jpg

スパイス研究家のパツさんにお声がけいただき、
初めて伺わせて頂きました。

浜松にはたくさんの留学生がインドから来ていて、
そのほとんどがタミルナードゥ州からなのだそうです。
タミル化する浜松、いいですね!

hamamatsu2.jpg

にんじんやココナツミルクの甘さ、
サンバルの酸っぱさ、
癖になりますね〜。

この日は特別で、
写真のお母さんが調理されたそうです。
まさに、母の味!
飾らない、ストレートな愛情たっぷりです。

ご馳走さまでした。

愛ある活動は、愛ある場所に似つかわしい。
どれくらい小さなたくさんの工夫がこらされているか、分からない程、滑らかで美しい。💕
#浜松 
#アンミッカル 
#南インド料理 
#ご馳走様でした 


posted by Susant at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月18日

今に響く内容!おすすめインド映画「きっとうまくいく」




インド映画「きっとうまくいく」(2009年公開)を、やっと見ました。
いまさら!?というお声はごもっともですが…
当時の私はインドに通い始めたばかりで、
インド映画は聞いたことはあっても、あまり興味はありませんでした。

その理由としては、
@インドの文化やエンターテイメントにまで興味がなかった→視野が狭かった
A今までにインドの映画を見たことがなかった→西洋映画=面白い映画だと思い込んでいた
B字幕を追うのは面倒、英語を聞き取るのはストレス→言語を学ぶ気もなかった

要は、慣れ親しんでいなかったから、ですね。
分析してみると、どれもチープな理由ばかりです。
他、インド映画自体が今ほど日本で公開されていなかった、ということもあります。
今は1年に数本くらいは、東京でなくても得大きな映画館やショッピングモールのシアターでも
インド映画が日本語字幕付きでやってきますよね。

約10年経った今、全ての理由が覆る程、「私自身が」変化しました。😃

映画の内容ですが、オンラインのテレビ電話を使うシーンが何度も出てきます。
詳しい内容はネタバレかもしれないので避けますが、
まるで、コロナ自粛でzoomを使ったり、オンライン化が急速に進む世間を先取りしていたかのように思いました。

例えオンラインであっても、一生懸命、正しい想いと正しい行動で使えば
ちゃんと心がつながる。
仮想世界で生まれた縁も、現実の縁と「本質は」変わらない・・
「愛」と「慈悲」さえあれば大丈夫。
そんなメッセージのように感じました。

昆明を極める今の世間を生きる上で、
再度、広く皆さんにお勧めしたい映画です。

#インド映画
#きっとうまくいく
#ASLL_IS_WELL
#おすすめ
posted by Susant at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月17日

オンラインレッスンの課題

オンラインレッスンを始めて約一カ月が経ちました。
レッスン中の、生徒さんの疑問をどのように解消するか、これが課題になっています。

レッスン中は、全体の音声をミュートにさせて頂いています。
そうしないと、それぞれの生活音等が混ざってレッスンに集中できないからです。
代わりに、いくつかの対策で対応しています。

その一つが、それぞれの練習風景を、写真や動画で送って頂き、コメントを入れて添削、お返しすることです。

自分の姿を客観的に見ることが出来るので、うまく使いこなせばよい練習になります。
(もちろん、姿かたちは一要因に過ぎないので、ツールに依存してはいけませんが、客観性にはたくさんの成長のカギが眠っており、役に立てることができます^^)

皆さんが練習しておられるのを見るのは、講師としては、とても💕嬉しいものです。😊

動画への文字入れは大変ですけれど😵
マイペースに、お返しさせて頂くので、参加者の中で躊躇しておられる方がいれば、遠慮なく送って頂ければと思います😊

送付先は↓

tridharajapan@gmail.com



#オンラインレッスン
#課題
#動画で提出
#客観性は大切
#成長は忍耐から


yuko.jpeg
posted by Susant at 00:00| インド舞踊クラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月16日

Pakhala bhataとオリヤー人

pakhala.jpg

< Pakhala bhata とオリヤー人 >

ホカロは、東インド、オディシャ州の夏を象徴する郷土料理です。
アッサム州やチャッティスガール州でも、異なる名称で親しまれているそうです。
日本人に分かりやすいようにビジュアルを表現すると、「水ごはん」。
お粥やお茶漬けに慣れ親しんでいる我々にとっては、ユニークなオディシャ料理の中でも
特に抵抗のないメニューだと思います。(多様性の国インドでは色んなポカロが存在するので、例えばバシ・ボカロという前日、前々日から発酵の進んだポカロは上級者向けです。最近ではいオリヤー人の若者も好まないとか…)

最もシンプルなポカロの作り方を紹介します。ご飯を大きめのボウルに入れて、ひたひたになるくらい水を入れます。これで完成。あとはお好みに合わせてヨーグルト、塩、レモン、コリアンダーの葉、青唐辛子etcをトッピングすれば更に好みに合わせてカスタム可能です。
このメニューは、手食が推奨されます。暑〜いオディシャの夏を想像してください。いくら出来立てと言っても、熱々の豆カレーと湯気の立つご飯を毎回手で食べるというのは…想像するだけで夏バテしそうではありませんか?ポカロは、水にひたひた(トラニ)ですから、手食する時にも豊かな水分に触れて涼しさを感じられます。乾きもののおかずと一緒にポカロを楽しんだら、最後にトラニと呼ばれる水を飲み干します。インドの医学アーユルヴェーダの知恵で生ショウガやヨーグルトも加えれば、更に体の温度を下げる効果が増します。個人的に最も大好きな料理の1つです。

オリヤー人にとってポカロというのは、単なる食べ物ではありません。
オリヤー人の魂、土着神で宇宙の主の名を持つ「ジャガンナート」寺院のマハプラサードとして、10世紀頃からタンコ・トラニ(ご飯がヨーグルト水に解けた飲み物)があります。農耕豊かなオディシャ地方で、ポカロは昔から農民にとって完璧な朝食だったそうです。昔は、人々は日の出から日の入りまで畑で働いていました。朝というのは農民にとって働くのに貴重な時間です。昨日の夜に残ったご飯を水に漬けて保存する簡単な方法で、ご飯を無駄にせず、次の日にも食べることが出来ます。ポカロの起源というのは遥か古代、7000年も前だというから驚きです。
オディシャ州の詩聖カビチャンドラ・カリチャラン・パトナイクは、「Aasa Jeevana Dhana, Mora Pakhala Kansaa」という人気の歌でポカロへの愛を描いています。毎年3月20日は、ポカロ・ディバーソ(ボカロを祝う日)として、このユニークでシンプルな文化・歴史的に豊かな意味を持つ料理を、それぞれが食べることで祝われます。
経済的豊かさや年齢に関わらず、オリヤー人なら誰でもポカロを食べたことがあるでしょう。また、その経験は家族との思い出や信仰心ともリンクしています。その味わい以上に、思い出でトッピングされ、更に価値を増しているのです。日本人に置き換えるなら、「おにぎり」が近いかもしれません。日本人なら誰でも口にしたことがあると思います。おにぎりというのは、例えば幼いころの遠足や、母の思い出などと一緒に、それぞれの胸の中に味覚以上の価値として刻み込まれているものではないでしょうか。それは愛情とも呼べる強い思い入れです。オリヤー人にとっては、それが信仰心とも、もちろん個人的嗜好とも合わさり、ポカロに象徴されているのです。
オリヤー人は、インドの中でも素朴な民族だと彼らは自称します。私も、数えきれないほどのオリヤー人と出会ってきましたが、同感です。学士になって、大金持ちになって、例えば政治家になっても、有名人になっても、「私の一番の好物はポカロです。」とスピーチしているのをよく聞きます。人々は、例え大金持ちになってもポカロを愛しているという姿勢の素朴さに親しみを感じ、心を打たれるのです。スピーチはこのように続きます。「サゴバジャ(青菜のスパイス炒め物)、生のタマネギを少し、そしてマッチョ・バジャ(魚をスパイスでマリネしてフライしたもの)があれば、他には何もいりません。」たくさんの金や宝石を身に着け、名を馳せる有名人が、なんと質素な食事でしょうか。
物質的な豊かさよりも精神的な豊かさを示す事や、シンプルで知足した生活を善しとするオリヤー人の精神を、よくよく現しているのが、正にポカロなのです。
posted by Susant at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月15日

動画、一緒にやってみよう♪シヴァ神への祈りのエクササイズ

インド舞踊エクササイズ は、
インド舞踊に出てくるポーズや独特の動き方を使った
運動、ダンス、ヨガ的要素、祈りの融合です。

レッスンで行っているシヴァ神へのお祈りエクササイズの一コマを、ビデオにしてみましたー💐🎁

マントラ
Om Namah Shivaya は、
シヴァ神をお祈りする時に唱えられる、最も覚えやすく
パワフルなマントラの1つです。

ある も ない も
一旦すべてがあり(ない)
すべてが空である
例えば、そのように観じながら行い、唱えて頂ければと思います。

マントラを唱えることは、意識を守る、あるいは自由にすることです。

#インド舞踊エクササイズ
#三浦知里
#om_namah_shivaya
#動画



お手本なのに、ぐらぐらしちゃってすみません💦

posted by Susant at 13:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする